ヤマセミはBARにいる

b0349835_19513250.jpg

b0349835_19512674.jpg

b0349835_19512260.jpg

b0349835_19510873.jpg

b0349835_19505562.jpg

b0349835_19502508.jpg

 
 バー(棒)にとまったヤマセミくん。
東の方角から飛んでくる姿を、今年も何度か見かけていた。
 猛禽類に襲われないことを願っている。
 
(コンデジ PowerShotSX60HS)

[PR]

# by bighead1122 | 2014-12-22 20:04 | 霧島の野鳥写真 | Comments(0)

葦原を あちこち揺らす 鳥パーティー

b0349835_19384688.jpg

b0349835_19384068.jpg


b0349835_19383654.jpg

b0349835_19383089.jpg

 
 昨日の桜島。
葦原にスズメの群れがやってきて、チュンチュン大騒ぎ。
群れにまじってメジロたちもいた。
 
 (コンデジ)

[PR]

# by bighead1122 | 2014-12-19 19:51 | 霧島の野鳥写真 | Comments(0)

いつ飛ぶか てんでわからぬ 鳥だもの

b0349835_18464619.jpg
 

b0349835_18464064.jpg
 

 先日撮影したクロツラヘラサギの飛翔である。
飛びものの撮影となると、
通常使用しているPowerShotSX60はAFが遅すぎて、
はっきり言って使い物にならない。

 クロツラヘラサギが飛び立つタイミングは、
いまだによくわからない、
鳥だもの。

だが、残念なことに写真を撮影する人たちが
不用意に近づいた時だったりもする。   




[PR]

# by bighead1122 | 2014-12-17 19:03 | 霧島の野鳥写真 | Comments(0)

生命に あふれる海辺で 電池切れ

b0349835_19531682.jpg
 

 
 
 
b0349835_19525745.jpg

 
 

b0349835_19530310.jpg
 

 
 
b0349835_20070736.jpg
 

 
 

b0349835_19571193.jpg
  

b0349835_19524863.jpg
 
 
 やはり年の暮れ、なぜか鳥たちも忙しいように見えた。
 寒さのせいか、カメラの電池切れになってしまった。


[PR]

# by bighead1122 | 2014-12-14 20:12 | 霧島の野鳥写真 | Comments(2)

オオタカに 人間ドッグを 受けさせたい

 先日撮影したオオタカの十兵衛(仮称)の写真を整理していて気付いた。
右目の眼球が全体的に黒くなっているのに加え、
右脚の人間の親指にあたる指がかなり腫れ上がっている。
多分、栄養状態がよくないせいで、尿酸が溜まることによる関節炎、
いわゆる痛風、なのではないかと心配している。
狩りがうまくできないのかなぁ。
 

b0349835_04005043.jpg
  

 飛びたたれるといけないので、
距離10メートルぐらいのところに停めた車内に隠れて撮影したのだが、
そんな苦労もつゆ知らず、
散歩の方が2名ほど私の車の横を歩いて通り過ぎていった。
彼はじっとして周囲の景色に同化していた。
  

 
b0349835_04005973.jpg

 目と足を痛めている彼だが、
獲物をついばむ姿は、さすが猛禽、野獣のようだった。
 上空をカラスが旋回したときに、獲物を隠すような仕草を見せた。
窃盗が罰せられない自然界を生き抜くための知恵なのかな。
 この子を刺激しないように、この場を立ち去ったので、
確認できなかったが、獲物は写真の羽の色と大きさから推測すると
ゴイサギの幼鳥ではないだろうかと思った。
  
  

(一眼レフ トリミング)
 


[PR]

# by bighead1122 | 2014-12-14 04:45 | 霧島の野鳥写真 | Comments(0)

幼鳥の 成長祈る 冬の空

b0349835_18501748.jpg
 

b0349835_18501107.jpg
 

 
b0349835_18500571.jpg
  

  オオタカの幼鳥だろう。
  運よく食事風景に出合うことができた。
  だが、残念ながら、
この子は長くは生きられないかもしれない。
  右目を痛めていた。
  申し訳ないけど、
勝手に、十兵衛という名前をつけた。
  なんとか生き延びて欲しい。
 

(コンパクトデジカメ)


[PR]

# by bighead1122 | 2014-12-12 19:00 | 霧島の野鳥写真 | Comments(0)

高千穂に カワセミとまって チッチキチー

b0349835_00232440.jpg


b0349835_00233527.jpg
 

b0349835_00233979.jpg
 

b0349835_00234348.jpg
 

b0349835_00234746.jpg
 

b0349835_00235195.jpg

  高千穂峰に似た形をした岩にとまったカワセミ他。
  未だにエキサイトさんのブログの投稿の仕方がよくわからない。
 画像も右側が切れて投稿されてしまう。
 
  

[PR]

# by bighead1122 | 2014-12-09 00:30 | 霧島の野鳥写真 | Comments(0)

平等に 寒波は来たり 自然界

b0349835_13354353.jpg
                     

 
b0349835_13354940.jpg
 
 

 出水のツル飛来地で鳥インフルエンザが発生したそうだ。
 観光資源として、ツル飛来地というのは魅力的だし、
それを支える現地の方々のご苦労も容易に推察できる。
 しかし、一か所にあまりに多くのツルの越冬が集中するということは、
鳥インフルエンザなどの爆発的流行が起こった場合に、
希少なツルの個体数激減のリスクを背負うことになるのではと心配している。
 飛来地を多少なりとも分散できないものかな・・・と思ってしまう。

[PR]

# by bighead1122 | 2014-12-07 13:56 | 霧島の野鳥写真 | Comments(0)

追いかける 黒い沿岸 警備隊

b0349835_20121551.jpg
 おびただしい数のカラスの群れ。
 ゲゲゲの鬼太郎のオープニング曲を思い出す。
 彼らはトビやミサゴなどの猛禽類を追い回す、いわば沿岸警備隊だ。
b0349835_20125176.jpg
 


ハイイロチュウヒと思われる。
b0349835_20130607.jpg

  

b0349835_22564826.jpg
 

b0349835_20132135.jpg


[PR]

# by bighead1122 | 2014-12-03 20:16 | 霧島の野鳥写真 | Comments(0)

「手のひらを 太陽に」をモズに 聞かせたい

b0349835_06415050.jpg
 久々に見た昆虫「おけら」。
 変わり果てた姿だった。
 彼を串刺しにした犯人は・・・・
b0349835_06415535.jpg
 我が家の周辺を縄張りにもつこの子だ。
モズには獲物をとがったものに突き刺す、ハヤニエと呼ばれる習性がある。
 
 ミミズだって、オケラだって、アメンボだぁってー♪
みんなみんな生きているんだ、友達なんだぁー♪
 
 弱肉強食の自然界では通じるはずもない。

[PR]

# by bighead1122 | 2014-12-01 06:55 | 霧島の野鳥写真 | Comments(0)

霧島の 山は小さく なりにけり

b0349835_07270161.jpg
 

b0349835_07270726.jpg
 

b0349835_07271306.jpg
早く入山規制が解除されないと、
また益々太ってしまう。
(コンパクトデジカメ)


[PR]

# by bighead1122 | 2014-11-27 07:47 | 霧島の野鳥写真 | Comments(0)